さて、2015年残すところ今日が最終日ですね。

という訳で年末のご挨拶、

今年も一年、本当にありがとうございました。
また来年も宜しくお願い致します。


2015年はKAONKAがスタートして2年目の年でした。前年の反省を活かして色々な事を考えておりましたが、結局なんだかまだ分からない事が盛り沢山!(笑)という状態で、イメージ的には上手くいくように考えていても現実的にはなかなかうまくいかない事などもあり、もっと上手にやらないと!と、痛感するさせられました...。その中でも、前回リリースしたdeckのGUEST RiderとArtistのGUEST partのクリップを作れたこと、定番にしていこうと考えているART bookのvol.2を作れたことはとてもうれしく思っております。

あっちの編集や、こっちのHP制作、他のことをいろいろやっていて動画の更新が少し開いてしまいましたが、ご支持頂けた皆様に感謝をこめて、本日新しいクリップをUPいたしました。こちらもどうにかこうにか年末に編集が間に合ったのでほっとしております。
少し前回より期間が開いてしまいましたが、2016年は2ヶ月に一度程度はショートクリップを公開していければな~、と考えていますのでどうぞよろしくお願い致します。


KAONKAskateboards
Takaaki Shinzato KATSUO SPOT HITTER in Okinawa.
このクリップは今年の8月に沖縄修行が終わり、港北NTに帰ってきた新里 孝明くんが沖縄で過ごした1年間で撮影したFootageでまとめました。出てくるスポットは、まさに沖縄というようなメジャーなスポットではなく、彼が沖縄で過ごす間に、自らの足と千里眼で見出した、重箱の隅を突くようなSPOTばかりです。中にはSPOTと呼ぶには厳しい、かなり過酷な条件の、俗に言う「かつおSPOT」が多数登場してきます。ですが、そんな「かつおSPOT」でさえ実験の対象として捉え、成功させてしまう彼のスキルとセンス、またそれに合わせてスタイルを入れてくる辺りはお見事の一言ですね。

年越しの酒の肴に楽しんで頂けたらこれ幸いですm(_ _)m。

因みに使われているFootageは沖縄スケーターのキャロットくんに撮影して頂けました。そんな彼のFootageも1cut登場していますので併せてご覧くださいませ。

それでは皆様、良いお年を~。

Thanks: Keisuke Carrot Nakamura

20140819kaonka-taka-ptlt-6.jpg
Twitter:@takaakishinzato
Instagram:@takaakishinzato


12/31|movieコメント(0)TOP↑
本日、Extramemoryよりと新里 孝明くんと私 中村 ひさしのFootageが登場している動画がUPされたのでご紹介します。


FS700 FOOTY-03 2013/03/06-03/21
この動画は高性能なスローが撮影できる特殊なカメラ使って撮影されたもので2013年の3/22~3/24の間に撮られたもののようです。この時期はB.P.Tradingのスケートビデオ、THIS CONTINUEDの撮影真っただ中で、丁度大阪にツアーに行っていた時のものです。複数の突起物に対しての私の手捌きのご注目頂ければこれ幸いです(笑)。最後の新里 孝明くんの猛アタックは横で見ていて、衝撃的でした...。

スローの質感などもふわふわとしていてなかなか見ることの難しい映像かと思います。もしこの映像が気になった人で、まだTHIS CONTINUEDをチェックしていない人が居たら是非、見てみてくださいませ。

-THIS CONTINUED-を見てみたいっ!!!と思った人はコチラ

12/27|mediaコメント(0)TOP↑
先日、港北ニュータウン内のゴミ置き場から謎の古文書が発見された
2015-win-kaonkaartbook-photo1.jpg
その古文書は港北ニュータウンを代表するペキンデルタール原人で、カツオSPOT評論家のカオニチ・ウネリギツーネ氏(69歳)によって発見された。

2015-win-kaonkaartbook-photo4.jpg 2015-win-kaonkaartbook-photo3.jpg 2015-win-kaonkaartbook-photo5.jpg
その古文書には記号システムが確認された気がする特殊な文字で何かの詳細な説明らしき文章が多数並んでおり、その他には植物や花を思わせるような彩色画、銀河や星雲などの天体図に見える絵、地球空洞説に関すると思われる記述、謎の写真のような人物画など、不可解な挿し絵らしきものもが多数描かれている。

挿し絵の分析から内容を推測する試みも行われたが成功はしていない。描かれている植物の絵などは実在する植物のスケッチに見えるが、詳細に調べても描かれているような植物は実在せず、何のためにこれほど詳細な架空の植物の挿し絵が入っているのか理由は定かでない。
2015-win-kaonkaartbook-photo6.jpg 2015-win-kaonkaartbook-photo7.jpg
また写真のような人物画が板状のものに車輪を付けたものに乗っている事と、その人物が着用しているパンツのほとんどが太い事が共通項の一つとして上げられ、服飾に基づく文化や時代の判定も非常に困難となっている。

2015-win-kaonkaartbook-photo2.jpg 2015-win-kaonkaartbook-photo9.jpg
文章を言語学の統計的手法で解析したふりをした結果、でたらめな文字列ではなく、自然言語か人工言語のように確かな意味を持つ文章列であるとほざいてみたものの、現在に至るまで解読はされていない。暗号の天才と呼ばれ、タマースリ暗号解読事件の時に数々の暗号を解読したスカ・E・フィシュー氏が一昨日に解読に5分ほど挑戦したが途中で飽きてしまい成功しなかった。彼曰くタマ言語の類ではないかと示唆している。

また、この古文書自体が一種のアウトサイダー・アートであり、解読しようとする試みそのものが無意味であるとの意見も存在するが、ほぼこの仮説が確定的と多くの研究家が断言している。

この古文書執筆時期については分かっていない。今朝、キャンキャン大学で行われた古文書をぼーっと眺める測定により、これに使用されている紙は未来からタイムリープして持ち込まれたものの可能性が高い事が判明した。ただ、執筆時期は大体わかる気もするが、研究者達が眺めてるのに疲れたので途中で測定は終了している。

我々はこの古文書を発見者の名前にちなんで、
2015-win-kaonkaartbook-photo8.jpg
-Kaonich Manuscript-
と名付け、その興味深くも怪しい世界観を多くの人に感じとってもらいたい発見者の意向により、印刷され、
近日中に全国のスケートボードショップにて無料配布されることが決定。
この書物が気になる方は、今週末辺りにでもご近所のスケートボードショップに足を運んで、その内容を確認して頂きたい。

報告は以上とする。

ご注意:こちらの内容は全てフィクションになります、チャンチャン。

20140718kaonka-top-photo.jpg
Twitter:@kaonka_skate
Instagram:@kaonka

12/21|newsコメント(0)TOP↑
先日、Extramemoryより水田 准くんと新里 孝明くんのFootageが登場している動画がUPされたのでご紹介します。
20151218kaonka-yukimovie-photo.jpg
FS700 FOOTY-02 2013/03/06-03/21
この動画は高性能なスローが撮影できる特殊なカメラ使って撮影されたもので2013年の3/6~3/21の間に撮られたもののようです。この時期はB.P.Tradingのスケートビデオ、THIS CONTINUEDの撮影真っただ中でその時のものになるかと思います。スローの質感などもふわふわとしていてなかなか見ることの難しい映像かと思います。もしこの映像が気になった人で、まだTHIS CONTINUEDをチェックしていない人が居たら是非、見てみてくださいませ。

さて、先日のhoodに続いて、一足早くInstagramにてもご紹介しておりましたSticker Packが出来てまいりました。
2015-win-kaonka-sticker-photo1.jpg
KAONKA Sticker Pack.
ちょこちょこKAONKAのStickerって売ってないんですか?と聞かれておりまして、ちょこちょこと作ってはいたのですが、今回はSticker Packという感じできちんと作ってみました。
2015-win-kaonka-sticker-photo2.jpg
中身は色違いのTrigonium logoが3枚、Bar logoが1枚の合計4枚です。Trigonium Logo M(幅:約110mm×高:約80mm)、Trigonium Logo S(幅:約55mm×高:約40mm)、Bar logo(幅:約120mm×高:約30mm)になります。
このsetで400円(税抜)となります。

こちら、
早い所で来週12/22(火)より店頭にてご覧になれるかと思います。
それでは皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、取扱代理店B.P.Tradingまでお願い致します
B.P.Trading TEL:045-482-7127
12/19|productsコメント(0)TOP↑
先日よりご紹介しておりました、今年の新作Hoodyが完成しました。

まずはコチラ、
20151210kaonka-trigo-pulloverhood-ptlt.jpg

Trigonium logo 10oz Pullover hoody.
Color:MK.GREY/AI、FOREST.GREEN/DARK.GREEN
10ozの厚手の生地を使用したPullover Hoodyです。裏地は起毛しているので暖かさ抜群です。真冬に重宝すること間違いなしと予測されます。フード部分は大き目のベースを使用していますのでフードをかぶりながら滑るのが好きなクラシックスタイル好きのスケーターにはたまらない仕様かと思われます。こちらは定番のTrigonium Logoです。
20151209kaonka-newhoody-photo5 (1) 20151209kaonka-newhoody-photo6.jpg
価格は8,000円(税抜)となります。

続いて、新作のデザイン、
20151210kaonka-agartha-ziphood-ptlt.jpg

Agartha Zip Hoody.
Color:NAVY/WHITE、BURGUNDY/WHITE
10ozの厚手の生地を使用したZip Hoodyです。裏地は起毛しているので暖かさ抜群です。こちらも同じく真冬に重宝すること間違いなしと予測されます。フード部分は大き目のベースを使用していますのでフードをかぶりながら滑るのが好きなクラシックスタイル好きのスケーターにはたまらない仕様でございます。
20151209kaonka-newhoody-photo1.jpg 20151209kaonka-newhoody-photo3.jpg
20151209kaonka-newhoody-photo2.jpg 20151209kaonka-newhoody-photo4.jpg
その昔、地球空洞説という考え方があり、その地底には超高度文明の理想郷アガルタが存在している考え方があったそうです。比較的有名なスポットと真逆のアングラなスポットにおいて、更なるピンポイントでマニアックな使い方やトリックを試めさずにはいられない、そんな妄想で頭がいっぱいのKAONKA Rider達(笑)、その独特なスケート観と、その昔のそれとかけて、デザインに落とし込んでみました~。
価格は8,500円(税抜)となります。

こちら、
早い所で今週12/11(金)より店頭にてご覧になれるかと思います。
それでは皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。

こちらの商品に関するお問い合わせは、取扱代理店B.P.Tradingまでお願い致します
B.P.Trading TEL:045-482-7127
12/10|productsコメント(0)TOP↑
latest article
comment
archives
category
link
QR code
QR