先日、発売されたsb skateboard journalに水田 准のスケートフォトが掲載されました。
20161029KOANKA-blog-SB2016fallwinter-photo-1.jpg
sb skatebaord journal 2016 fall winter
HEADLINERS.

前回よりSBは紙面自体がグレードUPして写真などもとても綺麗に表現され、写真集のような見応えになりました。ページをめくるときにするインクの匂いなんかもウキウキした気分にさせてくれます。

20161029KOANKA-blog-SB2016fallwinter-photo-2.jpg
先日水田 准と仲良しの京都のカメラマン前川 翔平くんとその他数名のスケーターでタイへツアーに行った時の記事が掲載されました。今回のその記事は前川 翔平くんによるもので、彼の文章センスなんかもとてもストレートで、飾りのない感じが素敵です。その時の写真として水田 准のスケート写真と、のツアーに参加した京都のスケーター佐々木 トオルくんや川崎のスケートショップGoldFishのRider日野 ノボルくんの写真も合せて掲載されています。更に、この時の映像は逗子UNOWN周辺で活動しているフィルマーASOTAくんが撮影したようなので、近日何かしらの形で公開されることになるとか、ならないとかとの事です。

タイアップしたスポンサーのバックや高待遇扱いの売出し中アップカマー等とはまた違った、裏表の無いスケートボードに貪欲で正直な若い世代達の表現が紙面上等で形になるのを見ると、なぜか妙に懐かしい気持ちになってしまいます...。

こういう紙媒体というものにはWeb上では見ることの無い、更にコアな部分の表現が見れるものとして、普通の読者ではなく感度の高いアンテナと理解力を持つ人達が求めているものが形になっているように感じます。昨今のWebやらなんやらで情報が溢れてる中で、より読んで感じたい人に届くような、深みがある価値を感じることが出来る、そんな1冊になっていると確信しています。

感度の高いアンテナと理解力を持つ「スケートボード家」と「読書家」の皆さんには大変お勧めな1冊かと思います。

sb skateboards journal 2016 fall winter HEADLINERS. 
価格:1000円(税抜) 全国のスケートショップ、書店にて好評発売中。


SB skateboard journal HP



10/29|riderコメント(0)TOP↑
さて、少し前から続いております共通項のあるテーマを掲げたwebADシリーズ、今回が最終回となります。という訳で、新しいWebADのご紹介です。

kaonka-webAD004-hisashi-master-photo-SML.jpg

Hisashi Nakamura webAD No,004
今回のWebADはフィルムのカメラで撮影した写真を使ったシリーズになります。デジカメ全盛期のこのご時世、発売されているフィルムの数も激減してしまい、いろいろな種類のフィルムで仕上がりの質感を楽しんだのはもはや昔の話...。デジカメの写真のクオリティも今や、その昔にいろいろなフィルムで撮れた写真の仕上がりや質感の再現も可能になってしてしまっているにも関わらず、あえてフィルムの写真を使用して、あえてWebADに挑戦です!こりゃーふざけずにはいられません。今回この企画を務めてくれます機材とカメラマンは無く子も黙る6×6のフィルムカメラHasselbladで、ここ最近スケートの写真を撮り始めたばかりの港北NTローカルの一人、毛呂井 駿くんです。
hasselblad.jpg
▲このフィッシュアイレンズが高すぎて激震え...。
最前線でバリバリ働く企業戦士でありながら、ガンガンスケートもしつつ、更にはスケートの写真も撮ってしまう、もうどうにも止まらない、そんなスケーターの一人。

そんなシリーズの最終回は裏方担当の私 中村 ひさしです。このspotは緩い下り坂に緩く下るレールの出口に、普通にboardslideするには少々邪魔な柵があるすり抜けながらメイクするような物件。より避けてる感と、スタイルが入るトリックという事でboardgrind(テール側のボトムのプレートをレールに当ててノーズを下げるboardslide、昔のUSスケート雑誌のトリック名を参考)しかないという事で撮影開始。何度かメイクを重ねて、より腰が入った体制と、なるべくノーズが下がった状態、前足の伸びたスタイルでメイクを煮詰めていき形になった一枚です。この撮影の数日前に、富山から滑りに来ていたフィルマー中川 龍介くんとフッテージも撮影したので、そんな彼の次回作でもしかしたらフッテージをご覧になれるかもしれませんので、お楽しみにどうぞ。

kaonka-keroi-ptlt-photo.jpg
さて、そんなこの企画の写真を撮影してくれた港北NTのローカルスケーター毛呂井 駿くんが1年間、仕事の都合でオランダに転勤する事となりました。海外出張前の忙しい時期、撮影に動いてくれて、素敵な写真を残してくれて本当にありがとうございました。帰国したら是非また一緒にスケートしに行きたい素敵な野郎なので、彼の帰国を首を長くして待ちたいと思います。

今回このタイミングで実はKAONKAとあのブランドのコラボTshirtsが発売となりました。
20161005kaonka-kaonzeisstee-photo-1.jpg
KAONKA×HARDZEISS
KAONZEISS s/s Tshirts.
Color:WINE,WHITE,PURPLE,GREEN,GREY,SKY.BLUE,BLACK,SUMI
今回はデザインをKAONKAが担当、制作をHARDZEISSが担当して、制作いたしました。ボディは薄めの4.0ozの物を使用しております。HARDZEISSのロゴにTrigonium logoが合体したシンプルなロゴになります。カラー展開はWINE、WHITE、PURPLE、GREEN、GREY、SKY.BLUE、BLACK、SUMIの8色展開です。プリントはHARDZEISSのOGlogoと同じのDARK.BLUEとなります。
価格は3,600円(税抜)となります。

こちら、
来週末頃(10/8~)よりHARDZEISSのお取扱スケートショップにてご覧頂けるかと思います。
店頭にお取扱がない場合でもHARDZEISSお取扱スケートショップでしたら取り寄せにてご注文が可能かと思われます。スタッフの方にご相談してみてください。

それでは皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。

その他のこちらの商品に関するお問い合わせは、ハードウエアブランドHARDZEISSの取扱代理店extramemoryまでお願い致します
extramemory
HP:http://extramemory.cart.fc2.com/
TEL:06-6732-4234




IMG_7495.jpg
Twitter:@hisashinakamura
Instagram:@hisashinakamura

●Photo●
hasselblad.jpg
Instagram: @keroiroke


10/05|riderコメント(0)TOP↑
latest article
comment
archives
category
link
QR code
QR